リースの特徴とお客さまのメリット

オートリースの特徴

オートリースの内容

オートリースは次の2通りからお選びいただきます。

ファイナンスリース
車検、点検、整備、修理などはお客様のご負担となりますが、車両代金、登録諸費用、諸税がリース料に含まれております。多額な初期費用が不要で、財務、経理面で一般のリースと同様なメリットが得られます。

メインテナンスリース
ファイナンスリースでは含まれていない車検、点検、整備等の維持管理費用が組み込まれておりますので、リース料をお支払い頂くだけで車両管理事務を大幅に削減することができます。また、経費の平準化も図れます。

サービスの内容 ファイ
ナンス
メインテ ナンス
車両代 お好みのメーカー、車種をお選びいただけます。
特別仕様にもお応えします。
登録
手数料
車庫証明、登録納車費用等も当社で請け負います。
諸税等 法令に基づく所得税、自動車税重量税、自賠責保険などの費用も当社で負担します。
任意保険 対人・対物・搭乗者・車両の加入を原則とします。(お客様の割引率を継承します。)
継続保険 めんどうな車検整備、それに伴う諸手続きを行います。 ×
点検整備 法令に基づく点検整備や独自のスケジュール点検整備も行います。 ×
故障修理 遠隔地、高速道路内など、思わぬ故障でも安心。
素早く修理スタッフがかけつけます。
×
タイヤ
バッテリー
タイヤやバッテリーなど一般消耗品を必要に応じて交換します。 ×
代車
サービス
点検整備時など、ご契約内容に応じて代車をご提供します。 ×
事故処理 突然の事故にも保険会社と協力して素早く対応します。 ×

※△=リース契約に組入れることも可能です。

車両の購入先を指定できますか?

お客様が指定する業者より購入可能です。ただし、当社にお任せ頂ければ大量仕入れによるコスト削減を実施し、お客様へのリース料へ還元することができます。またメインテナンスリース契約の場合でも、整備工場、保険会社も引き続きご利用になれます。

どのような車両がリース対象ですか?

「しんきんリース」では、一般の乗用車、トラック、軽自動車、オートバイはもちろんのこと、特殊な車両もリース可能です。※中古車のご相談も承っております。
例)冷凍冷蔵車、ミキサー車、フォークリフト、介護車(入浴車、車いす専用車)等

対象車両
乗用車(3/5ナンバー)
輸入車
特殊車両(福祉車両)、パッカー車
バイクも対応可能
ナンバー付きの車両はすべて対応(新車、中古車問わず)

残存価格とはなんですか?

オートリース契約満了時の予想車両処分価格のことです。
オートリース契約の場合、契約満了時に第三者に売却することが可能なため、残存価格を据え置くことができます。
通常の購入に比べ、車両価格から契約満了時の残存価格を差し引くためゆとり部分ができ支払額が少なくなります。

残存価格設定は、どのように行われるのですか?

ご利用車種・使用条件・予想走行距離などにより残存価格の設定を行います。
人気車種などは高く設定することが可能です。
また、お客さまの支払いプランに合わせて任意設定もしていただけます。

リース期間満了後の取り扱い

リース期間の終了後について、3つのケースで説明いたします。

3つのケース

※なお、買取りのご希望に関しては、オートリースの場合も一般リースと同様にお客さまに所有権を移転することは認められていないため、リース契約満了後の売却は行っておりません。

オートリースの利用状況

新車販売台数 537万台(平成25年)
リース契約台数 60万台
リース利用率11.2%

一般社団法人 日本自動車リース協会連合会調べ
10台に1台以上がオートリースで契約されています。

さらには、車両を30台以上保有している事業者の45%、
100台以上では75%がオートリースを利用している
というデータもあります。保有車両が多い事業者方々からオートリース利用による車両管理業務の負担軽減効果を評価いただけている結果と存じます。

高額な資金準備をする必要がありません